Transcription データ

Lage Lund / How Deep Is The Ocean

投稿日:


今回はLage Lundの初期作から「How Deep Is the Ocean」です。モンクコンペ優勝後、ジャリール・ショウの盤でもその凄さは聴けました。この盤が発売された時、「もっとガッツリ弾いてほしい!」なんて思ったのですが、採譜してみると、その懐の広い演奏にビックリ。リズム・バリエーションの豊富さ、アプローチの丁寧さ、歌わせ方、などなど驚愕の内容でした。PDF7ページ、お楽しみ下さい。

PDF file ダウンロード

2004年発売

Analysis


音の分析よりも、リズムとアーティキュレーションがコントロールされている箇所に着目して下さいね。ラインは参考になるような音遣いが沢山ありますよ。

26小節目

速いパッセージでもBebopのアプローチが丁寧に繋がれています。

クリックで拡大

39〜42小節目

個人的に好きな箇所。「Am7♭5ーD7」はD7の裏コード「A♭7」で演奏されていますが、ラインが良いですね。C7でも裏コード「G♭7」が弾かれていますね。

クリックで拡大

43、44小節目

速いパッセージでもリズム・バリエーションが豊富です。

クリックで拡大
The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-Transcription, データ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.