Transcription データ

Jimmy Raney / Everything I Love


今回はJimmy Raney 晩年の作品「Wisteria」から。トミーフラナガン(Pf)ジョージ・ムラツ(Ba)というドラムレストリオで、ジャズギターらしい心地良い作品から、コール・ポーターの名曲「Everything I love」です。「Wisteria」は植物の「藤」を意味します。藤棚を見ているかのような素敵なサウンドです。

PDF file ダウンロード

Analysis

8、9小節目

ポイント

Jimmy Raneyはプログレッションを想定して演奏することが多々あります。ここではCm7とB♭m7をスムーズに連結出来るようにBm7を少し導入しています。

クリックで拡大

18小節目

ポイント

A7でAugmentアルペジオの連結。AugmentアルペジオはWhole Tone Scaleから導き出せますのでホールトーン全ての音、つまりRootから、9thから、3rdから、#11thから、♭13thから、♭7thからAugmentアルペジオが演奏可能となります。

クリックで拡大

25、26小節目

ポイント


このラインはJimmy Raneyが頻繁に演奏する手癖ライン(手グセって言うと聞こえは悪いですが、ジミーが好むラインということですね)そうは言っても、レイニーは癖がかなり少ないミュージシャンの1人です。タイムや音が少しずつ違ったりしています。Bm7は意識していませんね。

クリックで拡大

50〜53小節目

ポイント


あまりにも流麗なライン。レイニーはダブルタイムでも、安定したプレイが聞けます。きっとこう言ったラインが自然と出てくるんだろうな〜と思います。
クリックで拡大

63、64小節目

ポイント


終止の部分で「IIm7ーV7ーIM7」を「IIm7ーV7ー♭VIM7ー♭IIM7」と進行させています。エンディングなどでよくあるパターンです。
クリックで拡大

Jimmy Raney

Jimmy Raneyは私の好きなギタリストの一人です。派手さはないので最初は良さが分からなかったのですが、聴けば聴くほど良さが分かってくるので、「スルメ」みたいな人!とよく生徒に説明しています(笑)

おすすめ

初めて動画を見たときは感動でした。


The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-Transcription, データ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.