Transcription データ

Jim Hall / I've got you under my skin

投稿日:


「Bill Evans × Jim Hall」と言えば、「Undercurrent」があまりにも有名ですが、こちらの作品もなかなかです。今回はこのアルバムからコール・ポーターの名曲「I've got you under my skin」の採譜です。テーマなくいきなりジムホールのソロから始まります。

PDF file ダウンロード

YouTube

消されてしまうかも知れませんが、YouTubeに音源があります。

Analysis

今回はライン的な分析はあまりありません。

13〜16小節

ポイント

ジャズ学習初期の、私はTwo-Five-oneという進行が出てくるとついつい覚えているフレージングを弾いてしまっていたのですが、Jim Hallからは、このような方向性を持たせた音楽的なラインを学びました。

クリックで拡大

21〜26小節

ポイント

Jim Hallはこのようなコードの型を崩したラインをよく演奏しますね。モチーフ的にまとめていて良い展開になっています。

クリックで拡大

32〜39小節

ポイント

シンプルなアイデアで長い小節を弾いています。


まとめ

ポイント

私は学生時代、Joe Passをとことんコピーしたのですが、そのあと、Jim Hallの演奏から今回の分析のような音楽的な箇所を沢山学びました。ライン研究ばかりでは気付けない、身に付けることが出来ない要素です。「ふ〜ん、綺麗なメロディだね」って済ませてしまうことも出来る箇所でもあります。そこをもう一歩深く考えてみると、とっても勉強になりますよ!

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-Transcription, データ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.