他では手に入らない完全オリジナル教材を販売中!!Mistletoe Online Store

Jim Hall / I’ve got you under my skin


「Bill Evans × Jim Hall」と言えば、「Undercurrent」があまりにも有名ですが、こちらの作品もなかなかです。今回はこのアルバムからコール・ポーターの名曲「I’ve got you under my skin」の採譜です。テーマなくいきなりジムホールのソロから始まります。

PDF file ダウンロード

目次

YouTube

消されてしまうかも知れませんが、YouTubeに音源があります。

Analysis

今回はライン的な分析はあまりありません。

13〜16小節

ポイント

ジャズ学習初期の、私はTwo-Five-oneという進行が出てくるとついつい覚えているフレージングを弾いてしまっていたのですが、Jim Hallからは、このような方向性を持たせた音楽的なラインを学びました。

21〜26小節

ポイント

Jim Hallはこのようなコードの型を崩したラインをよく演奏しますね。モチーフ的にまとめていて良い展開になっています。

32〜39小節

ポイント

シンプルなアイデアで長い小節を弾いています。


まとめ

ポイント

私は学生時代、Joe Passをとことんコピーしたのですが、そのあと、Jim Hallの演奏から今回の分析のような音楽的な箇所を沢山学びました。ライン研究ばかりでは気付けない、身に付けることが出来ない要素です。「ふ〜ん、綺麗なメロディだね」って済ませてしまうことも出来る箇所でもあります。そこをもう一歩深く考えてみると、とっても勉強になりますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる