column ミニレッスン

Don Thompson Analysis

投稿日:2018年7月16日 更新日:


Today's mini lesson

今回のミニレッスンはカナダのDon Thompsonの歌心をご紹介。ドン・トンプソンはピアノ、ヴィブラフォン、ベース、エンジニアとマルチな方。Jim Hall Trioのベースとして良い演奏を残していますね。


ジムホールの作品の中ではTOP3に入るぐらい好きな盤



未発表テイクが発売されたときは超喜びました!


John AbercrombieとのDUO

今回は、ギタリストJohn AbercormbieとのDUO盤です。ドントンプソンはベース弾いたり、ピアノ弾いたりしていますが、この世界観がめっちゃ好きです。

Analysis


ピアノが弾けるベーシストはとっても魅力的です。レッド・ミッチェルもそうですよね、歌心が普通のベース奏者と違うんです。このソロの入り方、音の選び方、展開の仕方、その美しさに溜め息が出てしまいます。「すげぇ!」って言われるソロも良いけれど、「ハァ〜良いな!」って思ってもらえるようなソロが好き。こんな風に音楽したいです。音源にはベースも重ねてみました。

クリックで拡大

YouTube

ポイント

私の大好きなEd Bikcert Trio。流麗なエド・ビッカートのソロのあと、1:52〜Don thompsonのソロです。歌いまくっていますね!そして注目すべきは3:25!!エド・ビッカートが満面の笑みですね!何故でしょうか?

student
「カッコいいソロを思いついたから?」

 

 

いえいえ、自分一人の事でそんなにニコニコはしません。


ポイント

ベースのドン・トンプソンと動きがリンクしたんです!めっちゃカッコイイですね!

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-column, ミニレッスン

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.