「フレーズ分析」 一覧

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#7 〜Kurt Rosenwinkel〜

2018/5/14  

Phrase Analysis 初期の作品から。V7-Iという進行のトニックをVIm7と仮定し、VIm7に向かうドミナントモーションを弾いています。【Original】Fm7 Bb7 Eb【トニック代 ...

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#6 〜John Scofield〜

2018/5/14  

Phrase Analysis ジョンスコ流の循環アプローチ とても丁寧なアプローチの中にも、アーティキュレーション面にスコらしさがありますね。 D7上での大きな跳躍を含めた動きはカッコ良いですね。 ...

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#5 〜John Scofield〜

2018/5/14  

Phrase Analysis ツーファイブを表現するにはm7コードの短7度音から、7thコードの長3度音へ音を進めてみましょう。必ず半音階の動きになります。後半Ab7の3拍目からDbのラインを演奏し ...

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#4 〜Jonathan Kreisberg〜

2018/5/14  

Phrase Analysis 7thコード上で6音のグループを作っています。そのグループをAugment展開(長3度上へ平行移動)させています。グループも4度と半音階を使う事で、伝統的なジャズライン ...

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#3 〜Jonathan Kreisberg〜

2018/5/13  

Phrase Analysis A7上の裏のツーファイブを想定しています。Eb7(裏コード)→Bbm7 Eb7(ツーファイブ化)更には、音符の区切りが非常にユニークです。A7最初の1音(Bb音)を除き ...

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#2 〜Peter Bernstein〜

2018/5/13  

Phrase Analysis #1のラインに似ていますが、CM7上での4度インターバルの使い方が既に独自の歌心を作っています。A7は裏コードEb7、Dm7はD7と捉え、やはり裏コードであるAb7を想 ...

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#1 〜Peter Bernstein〜

2018/5/13  

Phrase Analysis Peter 初期の作品から。A7で裏コード(E♭7)フレーズ(SubstituteDominat) 個人的にはCM7上でのF#を使ったアプローチにセンスを感じます。G7 ...

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.