ブログ フェイスブック ツイッター Youtubeチャンネル サイトマップ 問い合わせ 生徒ページ

トップ > カリキュラム > 弾き語り・ポップス、ロック   > ロック、ブルース、ファンク  > ジャズ、ボサノバ

レッスン・カリキュラム

これまで数百名の生徒を指導してきましたが、
音楽の好み、趣向の幅、演奏のレベルなど、
誰一人として全く同じ方はいませんでした。
さらに学習の理解度や、指の形だって千差万別です。

当スクールでは、上達のために考案した様々な指導方法、
そして難しい理論もサラッと理解出来るユニークな喩え。
音楽専門学校に劣らない質の高いレッスンを提供します。
レッスン・カリキュラムは膨大な量があるため全てを書ききれませんが、一部をご紹介します。

初級レベル Begginers Level

初心者も含め、ビギナーレベルでは
ギターの知識と基本的なテクニックの習得を目指すと同時に、
音楽の楽しさを感じて頂けるように常に曲を演奏します。

当スクールのオリジナル教材は、
ポップスでは「Aメロ+Bメロ+サビ」という1番を1レッスン1曲ペースでやっていきます。
ロックの楽曲などもメインリフとソロだけで短くまとめている曲も多く、
楽曲の完全コピーを目指すのではなく、
技術の習得を念頭に置いてカリキュラムを組んでいます。


1曲ごとに決められている課題は少しずつハイレベルになっていきますが、
どんどん曲を進めることで得られる満足感。その背景には、
少しずつ自然に技術をレベルアップすることが出来るよう、
巧妙な楽曲配置をしています。


また、ジャズのカリキュラムではお勉強はあと!!
泣いても叫んでも最初からアドリブ練習です(笑)
即興演奏への抵抗を無くすために一風変わったトレーニングから入ります。

中級レベル Intermediate Level

中級レベルの方の多くはバンド経験があったり、
学習熱心で独学で勉強に励んでいた方が、
ある時、壁にぶつかってどうにも上手くいかなかったり、
なにかのきっかけで未知の音楽に触れて、教室にいらっしゃいます。
これまでの経験が良い方に作用していることもあれば、
悪い方に作用していることもあります。

まずは気付くことです。
無意識で問題点が見えていなければ改善が出来ません。


「優しくスパルタ」・・・とよく言われるのですが(笑)
中級レベルからは音楽学習的な要素を加味していきます。
「こんなもんでいいや」という自分の限界を
生徒自身で決めてしまわないように指導していきます。

上級レベル Advanced Level

上級レベルでは、学習的に学んだ内容を
いかにアウトプットするか、その術を学んでいきます。
高い技術があったとしても、高い知識を養ったとしても、
高い次元で結びつける音楽観がなければつまらない演奏になります。

「理論から学ぶのが初級」、「理論を破るのが中級」であれば、
「自分の理論を作ること、演奏論を持つ事」が上級レベルです。


音楽の本質を意識出来るようになったら卒業です。
「自分はこうしたい」という気持ちが生まれるように指導していきます。
ある人には気持ち良くても、ある人には気持ちよくない。
万人受けする音楽はほとんどありません。
卒業してからが本当の音楽学習です。