タグ別アーカイブ: Two Five

●Two Five Voicing

先日、生徒さんとTwo-Five-Voicingの話題で盛り上がってました^^
とっても参考になったというお話を聞けて、嬉しかったです。

Two-Five上でのコードワークを2〜4弦だけで演奏するトレーニングを私はたっぷりやりました。
ホントの所は、こういうサウンドが好きだから、
来る日も来る日も、カラオケの上でVoicingの練習をしていたら、
大体のメロディは即興でのコードを付けられるようになっていました。
私の演奏の骨格になっている部分です。

こちらは私のアイドルEd Bickertを意識しまくってサケバラを弾いてみた例。

こちらはThe Night has 1000 eyes。こんな感じでいつも遊んでます。
これは・・・一杯呑んでるな・・・。

これは枯葉。ソロの中に伴奏を聴く練習。

【Mistletoe Music School】
神戸三宮 横浜のマンツーマン・ギターレッスンのご案内

【ABC Method Cycle Of Jazz】
初心者から上級者まで、コンテンツ豊富なジャズギター講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今でもアイドルです。

Two Five Voicing

Mistletoe Music School ヤマダです。

「いつも同じコードばかり押さえている」

という方は、レッスンでも非常に多いので、
今回はツーファイブ上のVoicingアイデアをご紹介します。
全てをやろうとすると膨大な量になってしまいますので、
少しずつです、はい。

■ツーファイブにクリシェラインを入れて動きを出しましょう。

●Gm7 C7 という Key=Fのツーファイブに
GーF#ーFーEという半音のラインを作ります。
コード進行的にはGm-GmM7-Gm7-C7(Gm6)でも構いませんし、
Gm7-D7-Gm7-C7でもOKです。

●この動きを元にVoicingトップをどのように動かすのかを考えます。
クリシェライン同様に下降するのか、上行するのか?
またはトップを固定して内声を同時に動かすのか?

そんな意識で、私のヴォイシングを参考にしてみてください。
(とりあえず、今回は7フレットぐらいまでで作っています)


twofivevoicing