タグ別アーカイブ: Phrase

Phrase Analysis (Lage Lund)

こんにちは
Mistletoe Music School ヤマダです。

今日はラーゲのアッパーストラクチャーラインがカッコ良かったので、
トライアドを楽しんでいます。

まずは、こちら。

lageanalysis1

コンディミ上から派生する色んなトライアドが展開されています。
私はVI△とbVm△を比較的多用します。1つずつ練習してみましょう。

まずはF#△。

lageanalysis2

次はEbm△。

lageanalysis3

そして、これらをMixさせていきます。
私の理想は今でも、マークターナーと初期カート。
Lageもデビュー当時は、カートを追いかけていたのかなぁ・・・
などと、想像しつつ、自分なりのMixを探求していきます。

Gilad Hekselman Analysis

こんばんは
Mistletoe Music School ヤマダです。

今日はGilad Hekselman のラインです。
Gilad も Lage もラインの中にコードを入れるのがとても上手いです。
歌として流れているんですよね。
和声が2声・・・・3声・・・4声と段々大きくなっていくところはGiladらしいダイナミックな歌を作り出しています。


giladhekselman1

フルコードではなく、小さなコードを入れていきます。
ルートレスのコード群ですね。

で、やっぱり自身の演奏に取り入れるには自分で作ってみることです。
ということで、同じ進行で作ってみました。

giladhekselman2

ポイントとしてはツーファイブを感じさせる動き(マイナー7thの短7度音から7thコードへの流れ)や
Cm7 F7をクリシェさせて進行感を表現しています。
お試しあれ!!