Ed Bickert Chord

こんにちは
Mistletoe Music School ヤマダです。

今日もエド・ビッカートのアプローチからご紹介。
まずは音源から。

急下降するラインがとってもカッコいい!!
ギターによるベースラインも付けてみましょう。

FM7 D7 Gm7 C7 FM7 D7です。
フレーズは Gm7 C7 FM7の箇所です。

最初、聴いた時はぶっ飛びました。
でも、単なるトライアドのクロマチック・アプローチです。
クロマチックでコードをアプローチする時は、トップノートをしっかりと把握しています。
では、譜面です。
edbickert_chord

トップノートに意識をして是非、使ってみてくださいね。
それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です