想定するコードによるライン

こんばんは
Mistletoe Music School ヤマダです。

生徒さんの中には、ビバップジャズが好きな方から
比較的新しいサウンドが好きな方まで幅広いので、
それぞれの生徒さんのツボを探して対応しています。

ビバップジャズにおいては「コードを表現」しているのですが、
そのコードを変換することにより、私はラインをコントロールしています。

例えば、よくあるCM7コード。そしてコード崩しと言いますか、
そのコードを想定したラインです。

CM7phrase1

さて、似たポジションで4度堆積コードを想定したらどうなるでしょうか。

CM7phrase2

下記のようなオーソドックスなラインの中に
少し4度堆積を導入していく位の緊張感が私の個人的ツボです(笑)

CM7phrasemix

今回は1つのポジション内でのオーソドックスなコードと、4度堆積コードのみですが、
同じポジションでもCM7上で考えられるコードはかなりの量になります。
そして、アッパーストラクチャーもありますし、意図的に1,3,5弦だけを使っているコードもあるでしょう。

ソロの中では、
■このようにコードを想定している時、
■モチーフ的な歌を大切にしている時、
■スケールライクに抑揚を表現している時、
■リズミックな面を強調している時、
■他奏者と会話をしている時
などなど、それぞれが複雑に絡み合ってソロになっています。

想定するコードによるライン」への1件のフィードバック

  1. yuqaka

    楽しく読ませて頂いております!
    音源がすべて例1の音源になっていて、
    例2例3の音源が聞けない?状態でした。

    もしお時間あれば是非例2例3の音源も聴きたいです!
    (こちらのPCの不具合でしたら申し訳ないです…)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です