Phrase Analysis (Peter Bernstein)

こんにちは。
Mistletoe Music School ヤマダです。

Peter Bernstein のラインです。

PhraseAnalysis_Peter Bernstein2

まず演奏については
■小指を使用しない
■スライドを大切に
プレイしてみましょう。

次にラインの演奏。
ナチュラル系のスケール(Mixo,Lydb7)などから
オルタード・スケールへ流れるラインではありますが、
その捉え方が面白いですね。

オルタ―ド上で下記のような「4度和声」や「それに近い縦に並ぶ型」を見るのが良いかも知れません。
私自身も、ヴォーカルのバックで演奏する時は、通常のブロックコードを想定し、
少し冒険をする時は、違う和声を想定して、それらのコードを表現しようとしています。
PhraseAnalysis_Peter Bernstein3

裏のGb7を考えても、上記のような「型」は見えてきます。
色々工夫出来そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です