●世の中には同じことを考える人がいるけれど

この動画を見て、そう思いました。

このペダルが使えるかは、色々と試してみないことには分かりませんけどね。
試してみたいです。

個人的にこれまで、「これはどうかな〜?」と思ってはみたものの、
何か別の理由で断念しまい、あとで後悔した経験が1度や2度ではありません。
「伝統的なジャズじゃなきゃいけない」とか
「こうでなければ or こうしなければいけない!」なんて勝手に思い込んで
自分を押さえ込んでしまい・・・断念後。
何かのきっかけで、断念した先の情報を知り、後悔。
世の中には同じことを考える人がいるけれど、まず行動やなと思います。

新しいことをしたいけど、躊躇してしまう。
それはやっぱり怖いからだと思うんだけど、そこは勇気を持って一歩を踏み出したい。
心配なことは沢山あるけれど、まず自分でトライしてみよう!といつも思っています。

音楽に限らず、ネットにも書籍にも沢山の情報があるけれど、
それが本当にそうなのか?・・・・やってみないと分からないし!
(肉体改造計画も日々研究中)

自分に合うかどうか?・・・やってみないと分からないし!

回り道になるかも知れないけど、回り道だったからこそ気付けることも多いと思います。

音楽では、これまで色々なアーティストを研究してきました。
理屈っぽい話は嫌いじゃないんですし、分析してあーだこーだ言い合うのも楽しい。

レッスンでは「どうやったら、この方がもう1歩上へ行けるか?」を研究してきました。
生徒さんが伸び悩んでいるとき、私も一緒になって悩んでいます。

最近、演奏のリハビリをしていて、
「自分が一体何のために演奏するのか?」をよく考えていました。
お金のためでも、名声を得たいわけでもなく、
自分の音楽を出来るようにしたい!と思うようになり、
じゃ、「自分の音楽って何なのさ?」・・って本気で悩み始めて、
最近は自分の演奏を深く掘り下げていってます。

「キラキラしたエロいギターが弾きたい!笑」
誰も分からんか・・・笑

【Mistletoe Music School】
神戸三宮 元町のマンツーマン・ギターレッスンのご案内

【ABC Method Cycle Of Jazz】
初心者から上級者まで、コンテンツ豊富なジャズギター講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です