Ed Bickert Chord (part.3)

こんにちは、Mistletoe Music School ヤマダです。

色んな音楽を聴くのですが、最終的にいつもEd Bickertをよく聴きます。
●第1回
●第2回
と続いて、第3回目です。マジカルなコードワークを少しずつご紹介出来ればと思います。
エドビッカート的、ハーモニーで循環進行を作ってみました。


edbickertchord3-1
edbickertchord3-2

■1小節目、エド・ビッカートはこの4弦ルートのM7フォームに#11thの音をよく加えます。
Dm7上で使えば13thです。

■2小節目、前のコードの連結からのG7。
エド・ビッカートは結構手が大きいのでこれも楽々弾いています。

■4小節、裏的なアプローチは頻繁に使いますが、前のコードからの流れがとってもスムーズです。

■5〜8、開放弦を巧みに取り入れています。ソリッドボディの良さを十分に利用しています。
フルアコだと、これだけ開放弦を入れると音が分離し過ぎてしまう気がします。

■11〜12小節目、コードの置き換えも結構頻繁に行います。
ここでは、13小節目のDm7をFM7と捉えて、進行するC7sus4-C7を想定してみました。
相変わらず開放弦を使っています。

■13〜16小節、メロディとコードをこんなにも自由に扱える人はそうはいませんね。

お楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です