カテゴリー別アーカイブ: ■徒然なるままに

●清水先生おめでとう!

先日、発売になった「アコースティックギターマガジン」に
フィンガーピッキングデイ2017で受賞した清水先生の記事が掲載されています!

教室でも、ロビーに置いてありますので、
是非、読んでみてくださいね。
さりげなくMistletoeも宣伝してくれています。
最高の恩返しですわ(>_<)
ありがとう!そしておめでとう!

そんな清水先生のスペシャル・レッスン!
だんだんと忙しくなってきていますが、生徒募集していますよ!

【Mistletoe Music School】
神戸三宮 元町のマンツーマン・ギターレッスンのご案内

【ABC Method Cycle Of Jazz】
初心者から上級者まで、コンテンツ豊富なジャズギター講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またまた、タイトルが・・・。

●サイトリニューアルと大西先生のスクール

◆教室のブログのリニューアルもだいたい終了しました。
これからボチボチと記事を上げていきます。
mini lessonは初心者対象です。早速清水先生がいろいろ上げてくれています^^

また教室の情報なども同時に上がりますので
是非、見てやってください。
http://mistletoemusicschool.com/staffblog.html/

◆「生徒の声 プロフェッショナル」更新
2月まで当スクールで頑張ってくれた大西隆裕先生が、
地元加古川でスクールをオープンされました。
「生徒の声」のページにリンクを貼りました。
http://mistletoemusicschool.com/voice.html#b

◆よし、あとは自分のメインページかぁ・・・。
古いデザインのページやなぁ・・・。

【Mistletoe Music School】
神戸三宮 元町のマンツーマン・ギターレッスンのご案内

【ABC Method Cycle Of Jazz】
初心者から上級者まで、コンテンツ豊富なジャズギター講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんだか面白そう。

●モッファギターの仕様書

昨日、帰宅するとギターの仕様書が届いていました!
ギターから1ヶ月遅れての到着^^;

「Val di Fiemme」のスプルース材と、バルカンのメープル材が使用されているそう。
少し調べてみるとストラトヴァリの時代から最良の材と言われているそうな。
トップ材には少しベアークローがあるとの記載がありました。
色合いの問題なのか、ベアークローがどこに出ているのかよくわかりませんが、
生鳴りは強烈です。

完成間際の時に、ルシアーさんが
「VolumeノブもToneノブもいらないんじゃない?」って
しつこく言ってきてた理由が1ヶ月程弾いてやっとわかりました。

超ワイドレンジ、ダイナミクスも広いこのギターの特性を
最大限に活かせるのはフルオープンの時。
当然、自分の持てる表現力がクリアになる。
(つまり、自分のダメさもよく分かる)

そうは言われたけれど、その時の私は2つのノブをオーダー。
そしたら「なぜノブが欲しいの?Volueme Pedalがあるじゃない!」って返信きてたけど、
ノブは譲れなかったんですよねぇ。。

でも、色々試した結果、きっと今後はレッスン以外では
フルオープン&Volume Pedalで使用するかと思います。
Volume pedalは長い間、Goodrichのペダルを使っていたけれど、
昨年からHiltonのペダルに買い換えました。気に入ってます^^

今日はMoffa Guitarをステージで使うのは2回目でしたが、
音作りは前回に比べるとかなり良い感じにまとまってきました。
プレイバックを聴いていて思うのは、
フジゲンに比べて、バンドの中での音抜けが最高に良いということ。
コードソロの細かい動きまで埋もれずに出てくれるのは嬉しい。

【Mistletoe Music School】
神戸三宮 元町のマンツーマン・ギターレッスンのご案内

【ABC Method Cycle Of Jazz】
初心者から上級者まで、コンテンツ豊富なジャズギター講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●弦交換

Moffaの弦をフジゲンに貼ってあるエリクサーに替えてみたのですが、
どうにもこうにも音が気に入らなくて、結局1日も経たずに
ルシアーさんオススメのトマスティックBB113へと戻しました。
(無駄なことしてるなぁ。。。。1セット+013単品が。。。)

昨日は生徒さんがWestvilleを購入してて、
そのメロウなサウンドにうっとりしてしまいました。
でも、私は同じ方向にはいきません(キッパリ笑)

ジュリアンのこのテレなんて、物凄くカラフルですよね。
そして圧倒的な存在感。

フジゲンも含め、フルアコではなかなか出せない表現力です。
テレキャスターって凄い!でも、フルアコが好き。
このMoffaのレンジの広さを生かして、
いろんな世界観を出せると良いなと思ってコントロールしていますが、
まだまだ、まだまだ到底コントロールできないので
最近は妖刀村正と呼んでいます(笑)
まだ私は扱い切れなくて殺されてしまう。。。
でも、これをコントロール出来るようになる頃には、
もう一歩上のレベルになっていると確信しています。

昨日はトラスロッドを少し締め、若干ですが、弾きやすさを取り戻しました。
ただ、まだ反っている気がします。もうひと締めするかどうか・・・
梅雨が明けて、少し様子を見てみます。

【Mistletoe Music School】
神戸三宮 元町のマンツーマン・ギターレッスンのご案内

【ABC Method Cycle Of Jazz】
初心者から上級者まで、コンテンツ豊富なジャズギター講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・