カテゴリー別アーカイブ: ■フレーズ講座

●動画Contemporary Jazz Guitar Etude

時間を見つけてはちょこちょこと作っている
「現代版 無窮動」的なジャズギターエチュード。

生徒&元生徒 限定公開でサンプル動画を撮っていましたが公開します。

現在、解説の文章を作っています。
教室の教材として販売しようかな・・・(先行予約受付中です笑)

生まれた時から、フュージョンもロックもあった世代だから感じる
「かっこいい!」って感覚を大切にして作っています!

前回のブログで、枯葉の譜面を少し公開したので、予告部分の譜面です。


【Mistletoe Music School】
神戸三宮 元町のマンツーマン・ギターレッスンのご案内

【ABC Method Cycle Of Jazz】
初心者から上級者まで、コンテンツ豊富なジャズギター講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カート新作!

●現代ジャズ語のライン編

最近は動画も取らず、暇さえあれば、教材を作っています。(前にも書いてますね)
勿論、自分の練習もしています^^

若者言葉じゃないけれど、ジャズも語法がどんどん変わってまして、
現代ジャズ語をなんとか生徒さんに習得してもらおうと、
今のビバップ教材に加えているところです。

じゃ自分が若者だったらスムーズなのか?
・・・・うん、そんな簡単な問題じゃないけれど、
少なくとも感覚は違うと思われます。

自分の為に弾くなら、感覚でOKが出れば、それで良いんですけど、
レッスンで説明するとなると、結構深い部分まで自分の中に落とし込まないといけません。
この10数年、沢山の現代語法を聴いて、採譜して、演奏に取り入れて、
どう繋がってきて、どうなってて、どう発展が出来るか?まで。
やっと説明出来るかなと、思います。

試しに「枯葉」でのラインを関東の元生徒様に解禁して公開したら
私の気持ちも吹っ切れて、レッスン教材だけど1ページだけアップしちゃいます

etude_autumn
etude_autumn2

こんなテキストが8ページ分+私の説明。
(テキストの量は楽曲により異なります)
これはライン編なので、現代版無窮動的な内容になっています。

アーティストから取り出したアイデアをそのまま使っていることも多いので、
ラインの中に、色んなアーティストのカラーを感じ取ることが出来ると思います。

お楽しみください!

【Mistletoe Music School】
神戸三宮 元町のマンツーマン・ギターレッスンのご案内

【ABC Method Cycle Of Jazz】
初心者から上級者まで、コンテンツ豊富なジャズギター講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

練習すればするほど、遠く感じる。
どんだけ上手いねん!(笑)

●フレーズ集づくり

ここ数ヶ月間、時間がある時に少しずつ作っているフレーズ集。
ビバップじゃないジャズラインを弾きたい!って方が
コピーもなかなか時間が取れなくて・・・と仰っていたのがきっかけ。
解説付きで少しずつ作っています。
弾いたことがないようなラインが歌えるわけないと思ってますし・・・

どこまでで「完成」としようか・・・検討中ではありますが、
とりあえず、レッスンで取り上げている曲全部にソロ譜面をお渡ししているんですが、
別バージョンを作りあげるまでかな。

以前、コンテンポラリーアーティストの採譜と解説はメルマガでやりましたが、
数年経って、やっと自分の中でも、歌になってきたかな〜と思えてきて作っているワケです。

枯葉の進行上でのラインを1つだけご紹介^^

20161105

【Mistletoe Music School】
神戸三宮 元町のマンツーマン・ギターレッスンのご案内

【ABC Method Cycle Of Jazz】
初心者から上級者まで、コンテンツ豊富なジャズギター講座

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

apple music で聴きながらストレッチしてます(笑)

●mM7#5 アルペジオ

少し前から再度ハマって取り入れようとしている「mM7#5アルペジオ」
実はもう10年ぐらい前から使用はしているのですが、あまり深くは追求していませんでした。

下記、4種のmM7#5のアルペジオ、
これはG7コードを想定しています。

mM7

G Com.Dim上から派生されている、この4種のアルペジオですが、
以前はG7上のAbmM7#5のアルペジオだけを解決のバリエーションとして使っていました。
下記、動画でも8:13あたりから説明しています。

ここ数週間は、4種を全て使い、更にそのバリエーション&Mixまで追求しています。
このAbmM7#5 は「EトライアドにG音を加えただけ」とも思っています。
そのトライアドを別のトライアドに変えたり、sus化したり、またまたオープンさせたりと
いじっていくと、とてもユニークなサウンドが得られます。
それらは、またの機会に^^